王滝グループ

社長あいさつ

次世代に向かって更なる進化と価値の創造
お客様のニーズに合わせたホスピタリティの提供を目指します。


王滝グループは創業以来、地域の皆様の声を元に様々な改革に取り組んでまいりました。今日では、王滝の“顔” である鮮魚にとどまらず、創作料理、焼き肉、そばなどの飲食業、旅館やスキー場の運営など様々な分野に事業展開をしております。そのような背景の中、自社便により物流体制を強化、築地における新市場への入居も決定いたしました。現在弊社では、台湾第3 の都市台中において、2014 年11 月末に海外第1 号店「純そば処 信州王滝」をオープンいたします。健康食品と称されるそば特有の効能や作用を、香り高く、洗練された味と共に感じていただくため信州のそばを導入することにいたしました。また、夜は、日本酒に合せた天ぷら、串揚げなど日本食をご提供、今後、海外拠点の足掛かりとし、日本の食文化、おもてなしをグローバルに発信していきます。
そば事業におきましては、安曇野市に続き松本市村井にも製粉製麺工場を新設いたします。現在ある工場の2 倍以上の性能を有し、大規模化を見据えた設備を整えますが、品質を第一に考え、独自のブレンドによる挽き方による味、香りにこだわり、信州ならではの食材であるそばをリーズナブルな価格で提供し地産地消を推進、さらに王滝グループの柱として強化してまいります。
2015 年には長野市善光寺の御開帳、北陸新幹線金沢延伸と何かと話題になる長野市において、10月29日に「信州寺町みなみ 日本料理 大観」をオープン、2015 年3 月には長野エリア5店舗目となる長野駅前に新店を計画中です。

めまぐるしく変わる社会環境の中、地域の皆様と一体となり常に進化を続けられる会社経営を目指してまいります。

社長

ページ先頭へ戻る